ほうれい線から逃れる方法|消す際にはヒアルロン酸の注入が一番!

女性

2本の線が老け顔にする

カウンセリング

ほうれい線は加齢やその他の原因でできるものです。できたものを完全に消すのは難しいですが、目立たないようにすることはできます。なぜほうれい線ができるかというと、顔のリンパの流れが悪くなるからです。リンパの流れが悪くなると、水分が溜まりやすくなってむくみます。そうなると皮膚がたるんでほうれい線が目立つのです。リンパの流れを良くするためには、ツボを押すと効果があります。唇の下を数秒間押し、次に口角の辺りを同じく数秒間押し、徐々に鼻の下、小鼻の脇、頬骨に沿って耳の前まで押して刺激します。これを繰り返すと効果があります。また表情筋を動かすフェイスエクササイズをすると、ほうれい線をある程度消すことができます。口に箸をくわえて、上下の唇を閉じたまま唇を横に引きます。そのまま5秒間待って、口角を上げて微笑み、最後に口角を上げて歯を見せます。このフェイスエクササイズを繰り返すと効果があります。肌が乾燥するとほうれい線のシワが深くなります。そのために乾燥しないように心がけることが大事です。保湿効果の高い化粧水を使うと効果がありますから、セラミドやヒアルロン酸が配合されているものを選ぶことです。乾燥しやすい季節には加湿器なども必要です。

また、これらの対策を行なってもほうれい線を消すことが出来ない場合には、美容クリニックで治療を受けましょう。美容クリニックでは、ヒアルロン酸を直接皮膚に注入し、ほうれい線を消すことができます。スキンケアでヒアルロン酸を注入しても深層部に行き届かないことがほとんどなので、高い効果をすばやく体に入れる為には、美容クリニックでの治療が最適なのです。ヒアルロン酸注入は、ほうれい線を消すだけでなく美肌効果も感じることが出来るでしょう。また、ヒアルロン酸注入以外にも、フェザーリフトという治療も人気です。フェザーリフトは、糸を用いた治療です。皮膚の中に糸を挿入して顔全体のリフトアップを図ることができます。リフトアップし、たるみが改善すれば必然的にほうれい線を消すことが可能です。糸を挿入するといっても切らない手術なので、ヒアルロン酸注入同様に気軽に治療を受けることが可能です。このような美容クリニックの治療を受けるだけで5歳から10歳以上も若く見られたという口コミ評判も多くあります。腕の良い医師が在籍している美容クリニックでほうれい線を消す治療を受け、アンチエイジングを図りましょう。